本教育課程には、学生が経済的に自立し、勉学に集中できる環境を整えるための「教育研究支援経費制度」があります。

1)超スマート社会リーダーシップ博士奨励金(博士後期課程学生へのRA給与)

本プログラム所属の学生のうち、高い研究能力と将来性が認められた者に対して、上限200万円/年を支給します。奨励金支給学生の選抜は、本プログラムへの所属のために参加する「異分野融合マッチングワークショップ」における評価やプログラム担当教員との面談をもとに中間審査において実施します。

注)所属する研究室から、超スマート社会推進コンソーシアムの参加機関との共同研究や国家プロジェクトからのRA給与の支給がある場合は、原則として、その金額との合計が200万円以下となる範囲で支給します。ただし、当該RA給与を200万円以上得ることを妨げるものではありません。その他の奨学金を得ている場合も同様とします。(つばめ博士学生奨学金は、支給制限の対象外です。)詳細は教育院事務室までお問い合せください。

本学の博士後期課程学生は、超スマート社会卓越教育課程と高度人材育成博士フェローシップの両方に登録することが可能です。また超スマート社会リーダーシップ博士奨励金の給付を受けながら、高度人材育成博士フェローシップの奨学金を受給することができます。(ただし、超スマート社会リーダーシップ博士奨励金の支給額を調整する場合があります。)

2)超スマート社会インセンティブ助成(修士課程学生へのRA給与)

優秀で将来性の高い修士課程の学生に対して、上限50万円/年のRA給与を支給します。