本教育課程では、学生が経済的に自立し勉学に集中するための環境を整えるため、「教育研究支援経費制度」を導入します。この支援制度では、本学の博士後期課程学生全員に支給されることになっている「東京工業大学つばめ博士学生奨学金」に加えて、下記の支援を実施します。

  • 超スマート社会リーダーシップ博士奨励金

    本プログラム所属の学生のうち、高い研究能力と将来性が認められた者に対して、上限200万円/年を支給します。奨励金支給学生の選抜は、本プログラムへの所属のために参加する「異分野融合マッチングワークショップ」における評価やプログラム担当教員との面談をもとに中間審査において実施します。
    注)所属する研究室から、超スマート社会推進コンソーシアムの参加企業との共同研究や国家プロジェクトからのRA給与の支給がある場合は、原則として、その金額との合計が200万円以下となる範囲で支給します。その他の奨学金を得ている場合も同様とします。(つばめ奨学金は、支給制限の対象外です。)

  • 異分野融合共同研究推進のためのRA雇用

    所属学生が有する研究シーズがコンソーシアム参加企業等のニーズと合致し、「異分野融合共同研究」が成立した場合には、この共同研究推進のためのRA(リサーチアシスタント)として雇用されます。

以上の支援に加えて、文部科学省やJSTの研究プロジェクトとも積極的に連携し、本プログラム所属学生はこれらのプロジェクトのRAとして雇用されることもあります。なお、奨励金や異分野融合共同研究RA経費が獲得できなかった場合でも、当該学生の能力と将来性から支援の必要性があると判断されれば、指導教員のRA経費が充当される可能性もあります。