超スマート社会卓越教育院の運営体制

超スマート社会卓越教育院の運営体制

プログラム担当者

学内委員

植松 友彦
植松 友彦
プログラム責任者 工学院 情報通信系 教授
専門分野:情報理論、情報セキュリティ

情報理論によって超スマート社会を数学的にモデル化し、用いるデータの圧縮や伝送の限界を明らかにすれば、短期間での超スマート社会の実用化が期待されます。唯一無二のスマート研究フィールドでの共同研究はシナジーを生んでくれるでしょう。

続きを読む
岩附 信行
岩附 信行
前プログラム責任者 工学院 機械系 教授
専門分野:超冗長ロボット機構、柔軟ロボット機構、マイクロアクチュエータ群

複雑な運動が可能でかつ柔軟性がある、人の日常生活で使用できるロボットの機構とその制御手法が開発されるでしょう。サイバーフィジカルシステムと量子科学を習得したうえで研究成果をあげ、リーダーシップも獲得できるカリキュラムが構成されています。

続きを読む
阪口 啓
阪口 啓
教育院長
プログラム・コーディネーター
工学院 電気電子系 教授
専門分野:Beyond 5G、IoT、無線電力伝送

私が研究している第5/6世代のセルラネットワークはスマートモビリティやスマート農業など超スマート社会の実現に貢献しています。社会はサイバーとフィジカル両方に跨る知識を持ち、超スマート社会を創造できるリーダーを求めています。

続きを読む
西原 明法
西原 明法
副コーディネーター
統括責任者
超スマート社会卓越教育院 特任教授
専門分野:教育工学、情報通信工学

信号処理や教育工学を専門にしていた経験を基に、学生の皆さんに知見を提供しサポートします。狭い分野に閉じこもらず、大きな目標に向かって視野を広げましょう。SSSにはオンラインサロンをはじめ、開かれた場が用意されています。

※ 西原特任教授は、学生の受入れは行いません。

続きを読む
藤澤 利正
藤澤 利正
学内教育委員会 委員長 理学院 物理学系 教授
専門分野:量子輸送現象、半導体ナノ構造、量子ホール効果

低次元電子系やトポロジカル系で現れる新奇な物性を用いることで、機能的な低次元電子デバイスや量子情報技術の創出を目指しています。本教育院の学生には、自分の専門分野を大切にし、幅広い視野に立ちつつ、本質を見抜く感性を養ってほしいと思います。

続きを読む
三平 満司
三平 満司
社会連携教育委員会 委員長 工学院 システム制御系 教授
専門分野:非線形制御理論、制御応用、劣駆動システム

超スマート社会の実現には単一の工学分野ではなく機械・電気・化学・経済・情報・システムなど横断的な協力・融合が必要です。SSSでフィジカル分野とサイバー分野、それらをつなぐ分野および全体の融合を経験し、人類の発展に役立つ人材として巣立ってください。

続きを読む
篠田 浩一
篠田 浩一
異分野融合研究委員会 委員長 情報理工学院 情報工学系 教授
専門分野:音声認識、映像理解、深層学習

機械学習手法の高性能化・高速化・省メモリ化の研究を通して、監視カメラの解析や話者同定などにより安全安心な社会の実現に貢献しています。人工知能技術を現実の問題に適用するため、サイバーとフィジカルの両方に強い人材が不可欠です。

続きを読む
高田 潤一
高田 潤一
グローバル教育委員会 委員長 環境・社会理工学院 融合理工学系 教授
専門分野:無線通信、無線伝搬測定、電波応用センシング・計測、電磁界シミュレーション、ICTと国際開発

移動通信システムのコモディティ化が進み、携帯電話は後発展途上国の村落にまでいき渡り、ICTがローカルな課題解決のイノベーションに大きく貢献する時代です。社会をけん引する前向きな気概を持って自らの能力を活かしてほしいと思います。

続きを読む
井村 順一
井村 順一
オンライン教育委員会 委員長 工学院 システム制御系 教授
専門分野:制御理論、ネットワーク制御

次世代のスマートグリッドや道路交通ネットワークを協調制御することで実現する、新しいシステム制御理論の構築に取り組んでいます。SSSには各分野の最先端の技術に直接触れられる充実した環境が整っています

続きを読む
岡田 健一
岡田 健一
副コーディネーター
オンライン教育委員会 委員
工学院 電気電子系 教授
専門分野:無線、ミリ波、5G、IoT、BLE、PLL、アナログ回路、センサ、ADC

ミリ波による無線通信で5Gやその先の6G、7Gを実現する研究を行っています。自身の進みたい道は何なのか、そのためには何が必要なのかなど、常に自分の付加価値を高めるためのキャリア意識を持って臨みましょう。

続きを読む
岩波 光保
岩波 光保
副コーディネーター
異分野融合研究委員会 委員
環境・社会理工学院 土木・環境工学系 教授
専門分野:維持管理工学、海洋構造工学、マルチスケールデザイン

社会インフラの維持・管理を研究しています。コストや人手の不足を補うためには、技術の導入が必要です。機械や電気など最先端の技術を扱う方々とコラボレーションして新しい時代のインフラの維持管理を構築したいと考えています。

続きを読む
鈴森 康一
鈴森 康一
副コーディネーター
異分野融合研究委員会 委員
工学院 機械系 教授
専門分野:人工筋肉、ソフトロボット、マイクロロ ボット、フルードパワーアクチュエータ

力や精度・効率を求めていた従来のロボット学に対し、あいまいさや不確かさを許容し活用できるような適応性や柔軟性に富む新しいロボットの創造には、異分野との融合が不可欠です。最先端で実践的技術を習得し、創り出す能力を身につけてください。

続きを読む
高安 美佐子
高安 美佐子
副コーディネーター 科学技術創成研究院 ビッグデータ数理科学研究ユニット 教授
専門分野:ビッグデータ数理科学

複合的なデータ利用、ビッグデータ解析の研究基盤が確立し、ブラックボックスなしで重要な変数が明示されるような形でモデルが構築され、大規模シミュレーションによってさまざまな社会・経済の現象が予測・制御できるようになっていくと期待しています。

続きを読む
柏木 孝夫
柏木 孝夫
統括アドバイザー 科学技術創成研究院 先進エネルギーソリューション研究センター 特命教授
専門分野:エネルギー・環境システム

エネルギーシステムIoE(Internet of Energy)の実現のため、総合的なエネルギーマネジメントのグランドデザインを策定し、スマートシティの具現化を目指しています。深い専門を持ち、横とのつながり(融合)を志すことが、日本の発展への機動力になります。

続きを読む
西森 秀稔
西森 秀稔
統括アドバイザー 科学技術創成研究院 量子コンピューティング研究ユニット 特任教授
専門分野:数理物理学(量子アニーリング)

基礎研究と実証実験が並行して行われる、まさに発展途上の分野です。組み合わせ最適化問題(自動車のルートや流通の最適化など)が効率よく解決されるようになり、CO₂排出の大幅な削減につながっていく可能性があります。

※西森特任教授は、学生の受入れは行いません。

続きを読む
タン ザ カン
タン ザ カン
運営委員会 幹事 工学院 電気電子系 准教授
専門分野:情報理論、信号処理、通信方式(無線、有線、衛星、光、移動)

ドローンを用いた移動性通信網の設計や電波指紋による位置推定システムの研究を進めており、厳密な位置情報で高度な各種通信サービスの提供を実現していきます。企業との共同研究など、社会のニーズが見えやすく、自分の研究を実装しやすい環境です。

続きを読む
平原 徹
平原 徹
学内教育委員会 副委員長 理学院 物理学系 准教授
専門分野:物性物理学、表面科学、ナノサイエンス、スピン物性

固体中で未知の粒子が検出できるという理論予想に対し、実験的に確立し、新たな原理に基づく量子センサやコンピューター開発に向けた基盤技術の創製に取り組んでいます。意外と身近な量子科学の原理原則を学び応用の方法を考えてみましょう。

続きを読む
田中 智久
田中 智久
学内教育委員会 副委員長 工学院 機械系 准教授
専門分野:高周波振動援用加工、レーザ援用加工

高性能デバイスに組み込まれる高精度部品を、短いリードタイム(部品供給期間)・低コストで実現できる加工技術や生産システムの研究を行っています。さまざまな異分野を知り、自らがコンセプトを出し分野を作ることを目指してください。

続きを読む
岡田 昌志
岡田 昌志
学内教育委員会 委員 工学院 機械系 教授
専門分野:運動解析/設計、制御、機構設計、人間中心設計

人と協調するロボットの開発には機械工学分野に加えて、人の意思の推定、環境認識などが必要です。新たな「人と機械の協調」の実現に向け、ロボット工学、制御工学、人間工学の観点から、ダイナミクスをキーワードに研究を行っています。

続きを読む
山田 功
山田 功
学内教育委員会 委員 工学院 情報通信系 教授
専門分野:信号処理、最適化、逆問題、機械学習

超スマート社会の基盤となる信号処理や最適化アルゴリズムの研究をしています。2つの異なる視点が私自身の研究を支えてくれています。SSSはみなさんが複眼的思考を涵養し、普遍的価値を創造するための絶好の機会になっています

続きを読む
塩浦 昭義
塩浦 昭義
学内教育委員会 委員 工学院 経営工学系 教授
専門分野:組合せ最適化、アルゴリズム理論

複雑な最適化問題を解くために、基本的な問題を高速で解く基盤技術を研究しています。入り組んだスケジュールの作成や生産コストの最小化など,複雑な問題を、基本的な問題に分解することによって解決します。日常の意思決定に使うAIを支える基盤技術の1つです。

続きを読む
齋藤 晋
齋藤 晋
学内教育委員会 委員 理学院 物理学系 教授
専門分野:物性理論、ナノサイエンス、グラフェンなどの2次元物質、密度汎関数法

次世代半導体素材として有力な構造修飾されたグラフェン、あるいは2次元原子層物質、ナノチューブ系などが2030年頃にはウェアラブル、さらにはポストシリコン超高速電子デバイスに応用されていることを期待しています。

続きを読む
田中 圭介
田中 圭介
学内教育委員会 委員 情報理工学院 数理・計算科学系 教授
専門分野:暗号理論、サイバーセキュリティ

透明性が確保された暗号通貨・ブロックチェーン技術、安全なシステム構築のためのサイバーセキュリティなど、セキュア(安心・安全)な情報プラットフォーム構築を目指しています。修了後のキャリアに向けたイベントも多く企画されています。

続きを読む
伊藤 武彦
伊藤 武彦
学内教育委員会 委員 生命理工学院 生命理工学系 教授
専門分野:バイオインフォマティクス、ゲノム情報、染色体動態

生命のデータをコンピュータ解析し、生命現象を明らかにする研究をしています。ゲノム情報に基づいた研究は、農業・漁業分野では早く大きく育つ種などの育種、医学分野における疾患解明などさまざまな分野への展開が考えられます。

続きを読む
藤井 晴行
藤井 晴行
学内教育委員会 委員 環境・社会理工学院 建築学系 教授
専門分野:建築計画原論、デザイン科学、一人称研究の方法論、計算デザイン学

記号表現された仮想的な空間が、心身や物理的実体などの現実的な空間よりも現実的だとされる状況を憂い、記号表現は世界の現象の切り取った一部であることを説いています。サイバー(設計)とフィジカル(建築)を行き来できる力を体得してください。

続きを読む
大風 翼
大風 翼
学内教育委員会 委員 環境・社会理工学院 建築学系 准教授
専門分野:地球・都市環境

風に付随するさまざまな現象(ビル風、汚染物質の拡散、吹雪、ヒートアイランドなど)の予測と制御により、豊かな都市空間の形成に貢献していきます。自身の研究分野の外にもアンテナを張り、思考や人脈を広げてほしいと思います。

続きを読む
岩﨑 孝之
岩﨑 孝之
学内教育委員会 委員 工学院 電気電子系 准教授
専門分野:量子センサ、固体量子光源

量子技術はこれまで見られなかったものを見えるようにするセンサや安全な情報ネットワークを可能にするものです。高空間分解能での心磁や脳磁の測定など新たな診断技術やエネルギー機器のモニタリング、さらに情報の安全な伝達への貢献が期待できます。

続きを読む
中尾 裕也
中尾 裕也
社会連携教育委員会 副委員長 工学院 システム制御系 教授
専門分野:非線形ダイナミクス、確率力学

非線形力学系や確率過程の理論を背景に、物理・化学・生物および各種の工学系におけるさまざまな実現象を俯瞰的な立場から数理的に解析し、制御や設計に活かすことを目指しています。専門外とのコミュニケーションを通して、幅広い視野・社会とのつながりが得られます。

続きを読む
多久和 理実
多久和 理実
社会連携教育委員会 副委員長 リベラルアーツ研究教育院 社会・人間科学系 講師
専門分野:科学史

変わり続ける「科学」の中で活動し続けるための視点として、歴史を提供しています。今の当たり前(モノや概念)が歴史の中では当たり前ではないこと、科学者や研究領域のイメージは作られ、再構築されたりすることへも思いを馳せてほしいです。

続きを読む
藤田 政之
社会連携教育委員会 委員 工学院 システム制御系 特定教授
専門分野:工学院 システム制御系 特定教授
廣川 二郎
廣川 二郎
社会連携教育委員会 委員 工学院 電気電子系 教授
専門分野:平面アンテナ、電磁界解析

ありとあらゆるものがつながっている超スマート社会で必要な、大容量の情報のやり取りを下支えするミリ波の平面アンテナを開発しています。SSSでは生涯を通して課題に挑み続ける確かなスタンスを身につけてほしいと思います。

続きを読む
萩原 誠
萩原 誠
社会連携教育委員会 委員
運営委員会広報担当
工学院 電気電子系 准教授
専門分野:パワエレ、電力応用、DC/DC

再生可能エネルギーや電気自動車などあらゆる場面で縁の下の力持ち的存在であるパワーエレクトロニクスを研究しています。異分野との交流や企業とのコラボレーションなどを通して、異なる研究アプローチや知見に触れられる良い機会です。

続きを読む
三宅 美博
三宅 美博
社会連携教育委員会 委員 情報理工学院 情報工学系 教授
専門分野:コミュニケーション科学、ヒューマンインタフェース

人間の創造性を支援できる共創的な人工物環境について研究しています。SSSでは「共創」をキーワードにして新しいヒューマン・コンピュータ・インタラクションの構築をめざしましょう。

※三宅教授は、本卓越教育課程に登録を予定する学生の新規受入れは行いません。

続きを読む
松岡 昌志
松岡 昌志
社会連携教育委員会 委員 環境・社会理工学院 建築学系 教授
専門分野:地震工学、空間情報学、リモートセンシング、GIS

人工衛星などからのセンシング技術と人工知能技術は、地震などで被害を受けた都市機能や被災者の生活をしなやかに立ち直せると期待しています。いろいろな人とコミュニケーションを取り、社会の要求に応える即戦力になりましょう。

続きを読む
浅輪 貴史
浅輪 貴史
社会連携教育委員会 委員 環境・社会理工学院 建築学系 准教授
専門分野:都市・建築環境工学、熱環境 、リモートセンシング 、都市緑化

住宅やオフィスなどにおいて、ユーザーが暑さや寒さのストレスを感じることなく快適で健康な生活が行えるように、センシングなどのスマート技術を応用していきます。ユーザーに最適化された働きやすさに関する研究が行えるスマートオフィスが整備されています。

続きを読む
渡辺 義浩
渡辺 義浩
社会連携教育委員会 委員 工学院 情報通信系 准教授
専門分野:情報理工学

フィジカル空間をビジョン技術で人よりも速く瞬時に把握し、拡張現実技術によってサイバー空間を実世界以上に完全融合させることを目指しています。両空間の統合によって新たな社会を拓く、という次世代の課題にぜひ挑戦してください。

続きを読む
宮崎 純
宮崎 純
異分野融合研究委員会 副委員長 情報理工学院 情報工学系 教授
専門分野:情報検索、情報推薦システム、大規模・高性能計算、ビッグデータのためのデータアクセス

大量のデータから信頼性の高い情報を抽出し、リアルタイムでの活用を目指しています。ツールの特性を理解し、適した問題で活用する。その結果、成功しても失敗してもなぜそうなったのか、本質を見極めることこそが学問です。

続きを読む
篠崎 隆宏
篠崎 隆宏
異分野融合研究委員会 副委員長 工学院 情報通信系 准教授
専門分野:知覚情報処理、知能ロボティクス

知能ロボットが社会の一員となり、人と対等に話をする時代が来るはずです。その実現には、人が言語を学習し理解する能力の工学的なモデル化が必要です。人の知能の根源に迫りながら、豊かでクリエイティブな未来の実現に貢献してみませんか。

続きを読む
小寺 哲夫
小寺 哲夫
異分野融合研究委員会 委員
運営委員会 設備担当
工学院 電気電子系 准教授
専門分野:量子コンピュータ関連基盤技術、ナノ量子エレクトロニクス、量子技術

量子コンピュータにつながる基盤技術と関連する物理の研究を主に行っています。SSSのマッチングワークショップなど充実したプログラムで、異分野の専門家をも束ねてけん引できるようなリーダーシップ力を育んでください。

続きを読む
畑中 健志
畑中 健志
異分野融合研究委員会 委員
運営委員会 幹事
工学院 システム制御系 准教授
専門分野:サイバーフィジカル・ヒューマンシステム、ネットワークロボティクス

分散協調型環境モニタリング技術と人・ロボット協調制御技術によって、社会全体の生産性を向上させ、生産年齢人口減少という社会的課題の解決に寄与できると思います。特に高齢化の著しい農業分野に貢献したいと考えています。

続きを読む
井上 光太郎
井上 光太郎
異分野融合研究委員会 委員 工学院 経営工学系 教授
専門分野:成長投資、M&A、コーポレートガバナン ス、ESG、機関投資家分析、機械学習

ファイナンスにはデータが豊富な分野のため、最新のビッグデータ分析手法が大規模に投入されています。最新手法による分析・提言により、持続可能社会実現のための資本配分に貢献していきます。金融機関と連携したSSSで躍動する分野を学んでください。

続きを読む
上妻 幹旺
上妻 幹旺
異分野融合研究委員会 委員 科学技術創成研究院 教授
専門分野:冷却原子を用いた量子シミュレーションと量子センサー

量子技術を用いた超高性能の非GPS航法により、海洋資源探査の効率化、大規模地震のリスク評価、北極海海氷下データの取得を実現します。量子航法技術を基盤とした安全・安心・豊かな社会の実現がわれわれのゴールです。

続きを読む
相澤 康則
異分野融合研究委員会 委員 生命理工学院 生命理工学系 准教授
専門分野:遺伝子、ヒトゲノム、マイクロプロテイン、タンパク質検出技術開発

大規模なゲノム改変による細胞機能の高度化と、それを可能にするゲノム構築技術の開発を進めています。工学化が加速しているバイオ技術をどのように社会課題の解決につなげるのか、さまざまな異分野の知識や協力を得て、表現する方法を探求しましょう。

続きを読む
大佛 俊泰
大佛 俊泰
異分野融合研究委員会 委員 環境・社会理工学院 建築学系 教授
専門分野:建築計画、都市解析、地域防災計画、空間情報科学

建築計画や防災・減災計画を中心に、社会をより安全で快適、効率的な状態へ誘導するための技術に関する研究を行っています。さまざまな研究分野を俯瞰し、社会的関心の動向や技術の進捗などを把握しながら、自分自身の研究分野を究めて欲しいと考えています。

続きを読む
佐々木 栄一
佐々木 栄一
異分野融合研究委員会 委員
運営委員会 財務担当
環境・社会理工学院 土木・環境工学系 准教授
専門分野:構造工学、維持管理工学、耐震工学、構造モニタリング

道路や鉄道などの社会インフラを、地震などの災害や劣化から守り、安心して利用できるよう、先端技術を導入した安全管理に取り組んでいます。異分野連携など多様なアイデアに触れ、研究を進めるチャンスやひらめきを得やすい枠組みが構築されています。

続きを読む
柳田 保子
柳田 保子
異分野融合研究委員会 委員
運営委員会 評価担当
科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授
専門分野:機能生物化学

バイオMEMS/NEMSデバイスの小型化により、コストの削減、計測範囲の拡大などが期待できます。それらを活用して生物機能や海洋環境計測に関する研究を進めることで、信頼性の高いデータを効率良く得られるようになると考えます。

続きを読む
中本 高道
中本 高道
異分野融合研究委員会 委員 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授
専門分野:知能化学工学(匂いセンサと機械学習)

ビッグデータ解析やAI技術を駆使して、嗅覚情報のセンシングと再現、香りの感性情報の抽出や香りの創作を行っています。博士課程への進学に経済的なサポートを必要としてる学生は、SSSの奨励金にぜひ挑戦してみてください。

続きを読む
吉敷 祥一
吉敷 祥一
異分野融合研究委員会 委員 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授
専門分野:建築構造・材料、耐震工学

地震などの災害時に帰宅困難者を輩出せず、人々が逃げ込める安全・安心な超高層建築物の実現を目指しています。また平常時からのモニタリングで経年劣化を把握、災害時には安全性を周知し、安心して過ごせる建築物を提供したいと考えています。

続きを読む
小田 拓也
小田 拓也
異分野融合研究委員会 委員 科学技術創成研究院 先進エネルギーソリューション研究センター 特任教授
専門分野:エネルギーシステム

快適な暮らしと脱炭素化を両立するエネルギーシステムの構築を目指しています。エネルギー消費量と再生可能エネルギーの供給量を各時間断面で一致させるべく、設備の構成、運転の最適化など多様な技術を高度に連携・融合することが必要です。

続きを読む
鈴木 賢治
鈴木 賢治
異分野融合研究委員会 委員 科学技術創成研究院 未来産業技術研究所 教授
専門分野:機械学習、人工知能

名医のデータを学習させることで、検査情報、問診や顔色から、ピタリと病名を診断し、医師を支援する「AIドクター」の開発を長年続けています。これから罹る病気を予測し、予防策を講じ、世界中の患者数を減らしていくと期待されます。

続きを読む
伊藤 浩之
伊藤 浩之
異分野融合研究委員会 委員 科学技術創成研究院 ナノセンシング研究ユニット 准教授
専門分野:電子デバイス、電子機器

超高感度加速度センシングシステムを実用化することで、持続可能な医療・食生産に応用されていくでしょう。多様なバックグラウンドを持った研究者が集まり、基礎技術と応用技術の研究を両輪で進められる強みがあります。

続きを読む
山本 貴富喜
山本 貴富喜
異分野融合研究委員会 委員 工学院 機械系 准教授
専門分野:Micro/Nanodevice

パンデミック被害の最小化には感染を未然に防ぐ「感染回避」が重要で、将来的には、ウイルスセンサー網によってあらゆる場所でウイルスを監視し、先制的な感染回避による安全・安心社会の実現を目指しています。

続きを読む
中島 求
中島 求
異分野融合研究委員会 委員 工学院 システム制御系 教授
専門分野:流体工学、バイオメカニクス、スポーツ工学、エアロ・アクアバイオメカニズム、機械力学・制御

力学的モデリングやシミュレーションにより、競技スポーツのトレーニングや健康維持のためのエクササイズは、簡単に測定・視覚化され、筋力や体力に合わせて、より最適なフォームをシステムに提案してもらえるようになるでしょう。

続きを読む
中田 和秀
中田 和秀
異分野融合研究委員会 委員 工学院 経営工学系 教授
専門分野:社会システム工学、安全システム

組織のマネジメントやサービスに関するさまざまな問題点を数理モデルで表現・分析し、最適化や機械学習の理論を適用して合理的な解決策を導き出します。企業との共同研究など、社会の問題を実際に解決する事例研究の場が多く用意されています。

続きを読む
丸田 一輝
丸田 一輝
異分野融合研究委員会 委員 超スマート社会卓越教育院 特任准教授
専門分野:通信、ネットワーク工学

5G、ITS、自動運転技術などの融合による安全なモビリティサービスの研究開発、またそれらさまざまなサービスを創出し得る次世代の人材育成に貢献していきます。企業との技術的なディスカッションなど社会との関わりを実感できる機会を多く設けています。

続きを読む
新山 祐介
新山 祐介
異分野融合研究委員会 委員 超スマート社会卓越教育院 特任助教
専門分野:ソフトウェア工学

ソフトウェアは今やライフラインまでを含む、すべてのものを監視・制御し、われわれの日常をコントロールしつつあります。このような社会を安全かつ持続可能にすべく、AIの力を借りてバグのないソフトウェアを開発する研究を続けています。

続きを読む
山下 幸彦
山下 幸彦
グローバル教育委員会 副委員長 環境・社会理工学院 融合理工学系 准教授
専門分野:パターン認識、機械学習、画像処理・符号化、国際開発のための情報システム

パターン認識の基礎理論・技術の研究が発展することにより人間とコンピュータがともに働きともに生活する社会が実現できると考えます。国際学会への参加、そしてリーダーシップを発揮できる様、SSSでリアルな国際交流をしましょう。

続きを読む
林 宣宏
林 宣宏
グローバル教育委員会 副委員長 生命理工学院 生命理工学系 教授
専門分野:生物物理学、分子生物学

自分の身体能力や健康状態を網羅的かつ随時知ることができ、AIカウンセラーとパフォーマンスをコントロールする暮らしの実現を目指しています。「自分は世界を変えられる」と自覚して、恵まれた環境を活かし、それぞれの夢を実現してください。

続きを読む
八木 透
八木 透
グローバル教育委員会 委員 工学院 機械系 准教授
専門分野:医用生体工学、神経工学、ヒューマンインタフェース

機械と人をつなげる技術、とくにその接点である-電極を、細胞やナノレベルで研究しています。SSSはさまざまな分野の研究者・技術者と交流できる出会いの場です。夢を持ったフロンティアスピリットに溢れる人、待っています!

続きを読む
波多野 睦子
波多野 睦子
グローバル教育委員会 委員 工学院 電気電子系 教授
専門分野:固体量子センサ、パワーデバイス(SiC、ダイヤモンド)、人工光合成

ダイヤモンド量子センサのニーズが高まっており、2030年には、生体計測、ならびエネルギーデバイスのモニタリングに実装開始され、超高齢化社会、低炭素社会に貢献できるように、現在研究を加速しています。

続きを読む
府川 和彦
府川 和彦
グローバル教育委員会 委員 工学院 情報通信系 教授
専門分野:通信・ネットワーク工学

無線通信や無線通信ネットワークを主に研究しています。これまでの効率重視のシステムにはエラーに対するぜい弱さがありました。システムを永続的に維持する方法として、確率的な手法での曖昧さの導入を考えています。

続きを読む
野原 佳代子
野原 佳代子
グローバル教育委員会 委員 環境・社会理工学院 融合理工学系 教授
専門分野:言語学、翻訳学、サイエンス&アート融合

「翻訳」は異文化、異分野をつなぐだけでなくサイバー空間とフィジカル空間も架橋します。クリエイティブかつ超学際的なデジタル+リアルコミュニケーションを創り出すことで、次世代のハイブリッド研究者を育てる人材育成とイノベーションに貢献していきます。

続きを読む
Cross Jeffrey Scott
Cross Jeffrey Scott
オンライン教育委員会 副委員長 環境・社会理工学院 融合理工学系 教授
専門分野:バイオ生産プロセス

クロス研究室では、教育現場でのAI活用、説明可能なAI、カーボンネガティブ・テクノロジーなどについての研究を行っています。SSSコンソーシアムには多くの一般企業が参加しており、博士課程を目指す学生にとっては、さまざまな先端技術を学ぶ良い機会です。また、企業インターンシップに興味のある学生は、このプログラムを最大限に活用することができます

続きを読む
毛塚 和宏
毛塚 和宏
オンライン教育委員会 副委員長 リベラルアーツ研究教育院 社会・人間科学系 講師
専門分野:統計学、計量社会学

社会学は人や社会のあり方を理解する学問です。新しい技術と社会の相互作用、そして人々とインセンティブ(考え・行為の変化)を解明していきます。自分の研究に社会学的観点を取り入れることで、社会に対する異なる視野が開けます。

続きを読む
妹尾 大
妹尾 大
オンライン教育委員会 委員 工学院 経営工学系 教授
専門分野:経営学

超スマート社会では研究成果であるフレームワークとツールを活用した人々がサイバー空間・フィジカル空間で縦横無尽に連結、効果的・効率的に知識創造を実施しているでしょう。現在の世界をつくり変える、という気概を持って進学してください。

続きを読む
遠藤 玄
遠藤 玄
オンライン教育委員会 委員 工学院 機械系 教授
専門分野:ロボットシステム、機構設計

福島第一原発の廃炉支援や老朽化したインフラ点検のための遠隔作業ロボットを研究しています。自分が発想したロボットが実際に形になり、想像を超えた動きをすることを体験できるのはこの分野の醍醐味です。

続きを読む
鍵 直樹
鍵 直樹
オンライン教育委員会 委員 環境・社会理工学院 建築学系 教授
専門分野:建築環境、室内空気質、空気汚染、環境設計

研究で得られた確かなエビデンスにより、生産性や健康性を高めたスマートなワークプレースを提案、省エネも考慮した理想的な室内環境を実現させていきます。皆さんのアイデアでよりユニークな研究が進められることを期待しています。

続きを読む
荒 優
荒 優
オンライン教育委員会 委員 超スマート社会卓越教育院 特任助教
専門分野:教育工学

超スマート社会卓越教育院(SSS)が提供するオンラインコースの設計、開発を担当しています。オンライン教育を通じて、最先端の知識や技術革新を学ぶ機会を提供します。

続きを読む
米田 淳
米田 淳
異分野融合研究委員会 委員 超スマート社会卓越教育院 特任准教授
専門分野:量子コンピュータ基盤技術、量子技術

量子力学という新原理に基づくコンピューティングを実現することで、人工知能、デジタルツイン、ビッグデータの情報処理能力が革新的に向上することが見込まれます。高い専門性のバッグボーンを持ちつつも、速度を増す社会変革についていける人材がいま求められています。

続きを読む
松本 隆太郎
松本 隆太郎
オンライン教育委員会 委員 工学院 情報通信系 准教授
専門分野:情報通信工学、量子情報処理

量子情報処理の研究は実験と理論に分けられ、私は主に理論の研究を、紙と鉛筆と若干のコンピュータを使って行っています。数学が好きで突き詰めて考えるような、理論的な思索を好む学生に向いている分野です。

続きを読む
山村 雅幸
異分野融合研究委員会 委員 情報理工学院 教授
専門分野:システム生物学、合成生物学、循環共生圏農工業

学外評価特別アドバイザー

Pramod Khargoneka
Vice Chancellor for Research of UC Irvine、前NSF工学部門局長
安藤 真
国立高等専門学校機構顧問、前電子情報通信学会会長
久間 和生
農研機構理事長、前CSTI有識者議員
日比野 浩典
東京理科大学

海外アドバイザー

Magnus Egerstedt
Georgia Institute of Technology
Jenq-Shiou Leu
NTUST
Wilfred G. van der Wiel
University of Twente
Marco Ceccarelli
University of Rome Tor Vergata
Chia-Hsiang Menq
The Ohio State University
Taweep Chaisomphob
Thammasat University
Ian Watson
University of Glasgow
Sandra Hirche
Technical University of Munich
Thomas Haustein
Fraunhofer Heinrich-Hertz-Institute
Branka Vucetic
University of Sydney
Susi S. Varvayanis
Cornell University
Michiel Bacchiani
Google Japan
Ali Sadri
SOLiD Gear Inc.
Emilio Carvanese Strinati
CEA Leti
Sumei Sun
Infocomm Research
Masaaki Maeda
Asurion LLC
Seong-Lyun Kim
Yonsei University

民間企業・国研・自治体

KDDI株式会社
ソフトバンク株式会社
株式会社光電製作所
日本電気株式会社
アズビル株式会社
株式会社ジェイテクト
株式会社デンソー
株式会社日立産機システム
株式会社安川電機
日本精工株式会社
ショーボンド建設株式会社
横河電機株式会社
大田区
川崎市
国立研究開発法人 海洋研究開発機構
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構
国立研究開発法人 情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター